子供が男の子か女の子か気になることですよね。実は妊

子供が男の子か女の子か気になることですよね。

実は妊活の中で可能な産み分けという方法があるのです。
これは、タイミングを計るなど自身で出来るようなやり方から、お医者さんに相談するやり方まであり、男女の産み分けがうまくできた人もいます。とはいっても、子供は授かり物です。

望む性別の赤ちゃんが必ず授かるとはいえませんが、、産み分けに挑戦してみることもいいかもしれません。産婦人科では妊娠の初期段階で摂取することを特に勧められる葉酸。
ですが、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長がとても盛んにおこなわれている時期であるので、不可欠だと思われます。

不足すると赤ちゃんの脊椎がふたつに分かれてしまう二分脊椎など胎児の発育に多大な影響を与えるかもしれません。


1日の摂取量はだいたい400ugです。
葉酸は懐妊する前から体に取り入れるようにして妊娠初期まで摂り続ける事が望まれている栄養素です。
胎児の先天性奇形を予防する作用があります。

サプリから摂取する方法もありますが、ホウレン草や芽キャベツといった食べ物にもたくさん含まれている栄養素ですので、妊娠の初期段階ではできるだけ摂りたい栄養素です。妊娠したいと考えて妊活を始めたその時から葉酸の摂取を始める事が良いといわれています。
お腹に赤ちゃんが出来る前に体内十分な葉酸が蓄積されている事がお腹の中の赤ちゃんの先天性奇形の予防において効果的です。当然、妊娠3ヵ月頃までは継続して摂取する事が大切になってきます。ご存じないかもしれませんが、葉酸は妊娠の前から摂取して妊娠初期の段階であるのが理想だとされます。

不妊治療をしている時点で、赤ちゃんを望んでいるのですから、同時進行で葉酸を摂ることを心がけるという事も赤ちゃんの先天性奇形を事前に予防するという点も考えて必要な事となってきます。

私は葉酸サプリを毎日飲み続けています。



飲み方についてはとても簡単です。

多めのお水を用意して、飲みやすい大きさのサプリと一緒に飲むだけで良いんですね。

気になるニオイなどもありませんし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っています。


赤ちゃんのために葉酸を摂取しているのですが、私自身の体にも良い影響があるということなので、続けて飲んでいこうと考えています。
妊娠するにあたり必要ある栄養素が存在するなんて、妊活をしだすまでは知りもしませんでした。特に葉酸は妊娠には欠かせないビタミンで、しかも、普段の食事ではなかなか摂ることができない栄養素なんですね。

私自身、葉酸サプリを飲むことを始めて、しばらくして妊娠できたため、きっと葉酸が不足していたわけです。


私は現在、病院に通って、不妊治療にはげんでいます。


けれど、それがとてもストレスになっています。
ここまでしないと、妊娠できない事が私には大きなストレスなんです。
できるなら、全てやめてしまいたいです。


なのに、そうできないのが、ストレスの倍増になっているように感じます。

妊娠の初期に葉酸が不足しがちになると、お腹の赤ちゃんの成長に影響が出てしまうことは世間でも広く知られています。
ですが、摂取しすぎた場合のことはあまり知られていないように見受けられます。どうも発熱や蕁麻疹を生じさせやすくする原因となったり、子どもが将来、喘息で辛い思いをする確率を高めてしまうことがあるようです。
今後は葉酸の取りすぎにも、気をつけておくことが大切だと思いますあなたが、妊娠したいと思っている、そしてもしくは、妊娠中の方でだったら、子供が健康に育っていくため、意図的に葉酸を摂取しようとするものです。


しかし、取り入れる量には心に留めておくことが必要です。摂取しすぎると、欠点があるみたいです。適切な摂取量をぜひ確認していくことが重要です。
ベルタ 取り扱い店